強み

持続可能性についての哲学 

AUOは、企業経営も持続可能な開発も共に等しく重要だと考えています。2008年に太陽光発電事業に展開して以来、AUOは常にこのコンセプトを旨とし、環境の持続可能性と社会への配慮を念頭に置いて革新的な考え方でグリーンエネルギー事業を推進してきました。

 

AUOは高効率太陽電池モジュールの開発に集中し、オールラウンドな太陽光発電プラントサービスを提供する能力も有しています。台湾国内の保険会社もグリーンエネルギー・ファンドのプラットフォーム構築に乗り出しました。これは長期的な太陽光発電プラントの運用とプラントへの投資を促進するものであり、持続可能な営利事業の創出に繋がります。私たちはビジネスパートナーと協力してグリーン事業のビジネスチャンスを生み出すとともに、再生可能エネルギーの推進に積極的に取り組み、経済、社会、環境のバランスを保ちながら当社の影響力を高めていきたいと考えています。

 

連続DJSI構成銘柄に選定

AUOは、2010年に初めてダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックスの構成銘柄に選定されて以来、2018年までに9年連続で選定を受けています。ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックス(DJSI)は、国際的に名を知られた評価会社RobecoSAM社とS&P Dow Jones社が共同で開発した指標で、社会的責任投資(サステナビリティ)指数に優れた上位企業を選定する世界初の客観的基準です。また、企業の持続可能な開発に関する今日最も支持されている評価指標でもあります。

 

AUOの卓越した持続可能性、戦略的能力、環境保護の取り組みは他の追随を許しません。私たちは、世界中のお客様にご満足いただけるソリューションと長期にわたって信頼される高い品質と安心の保証を提供することを使命としています。

2010年起連續入選道瓊世界永續性指數成份股
2010年から毎年ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)に選定

 

 

トップブランドPVシール

AUOは2017年と2018年にモジュール部門の「Top Brand PV」を獲得しました。この調査はドイツのEuPD Research社(EuPD Research Sustainable Management GmbH)が行ったもので、同社は毎年ヨーロッパの太陽電池モジュールメーカーのブランドマネジメントの調査を行っています。調査の対象範囲は、販売モデルのマネジメント、販売地域におけるアフターサービス及びそれらに関連する項目です。世界的に認められている指標及び認証として、消費者の購買意思決定に影響を与える主要な要因となっています。

EUPD TopBrand 2018   EUPD TopBrand 2017  
EuPD Research社による調査において 2017年及び2018年モジュール部門の「Top Brand PV」を獲得。

 

環境保護の取り組みと社会への配慮

AUOは、太陽電池製品の製造工程においても環境保護に十分な配慮を行っています。 AUOは、太陽電池モジュールで世界初のPAS 2050カーボンフットプリント認証を取得しました。AUOの低炭素太陽電池モジュールは、フランスのCRE(エネルギー規制委員会)が定める太陽光発電プラントの入札の要件を満たしています。

 

森勁電廠環境教育
Sungen大型太陽光発電所における環境教育

AUOは、台中に建設した環境教育用施設に関し台湾の行政院環境保護署の認定を受けた台湾初のメーカーです。AUO台中工場の屋上に建設されたSungen太陽光発電プラントは、再生可能エネルギーと環境に配慮したアイデアの奨励に最適なデモサイトとして小中学生向けの環境教育カリキュラムにも組み込まれています。

長安國小「太陽能綠葉亭」
長安小学校の「ソーラー・グリーン・パビリオン」

2010年、AUOとBenQ Foundation(明基友達文教基金会)は、台中の長安小学校に太陽光発電、教育、キャンパスのランドスケープ、そしてパブリックアートを融合させた初の「ソーラー・グリーン・パビリオン」を寄贈しました。

→ AUOのCSRに関する詳細は、AUOの公式ウェブサイトをご覧ください。